アイピルの副作用

アイピルとは、Piramal Healthcare社が開発した緊急避妊薬です。望まない妊娠を防ぐ為のみにご利用下さい。アイピルの常用はお止め下さい。WHO(世界保健機構)の必須薬に指定されており、国際標準の緊急避妊方法とされています。

アイピルの副作用として、個人の体調により違い症状がありますが、吐き気と頭痛、便秘、下痢などがあります。吐き気などの症状がおこる場合がありますので、なるべく食後のアイピルの服用オススメします。まれに、不正出血もあります。

これらは短気な症状ですが、症状が厳しくなったり、長引く場合には病院に行き、専門医師とご相談しましょう。服用の回数は1回のみとなっているので、こういった症状が続くことはありません。
ただし、ピルの種類の中では強く副作用が出るので、身体の負担なども考えると常用することは控えるようにして下さい。

強い吐き気からアイピルを吐いてしまった場合、服用から3時間経って入れば胃で消化されているため、再度飲む必要はありません。

もしそれより早い段階で吐いてしまった場合は、1錠を水かぬるま湯で再度飲んでください。吐き気を防ぐ方法としては、空腹時の服用は避け、食後に飲むのがおすすめです。

レボノルゲストレルにアレルギー反応のある方は、服用をお止め下さい。既に妊娠されている方は絶対に服用しないで下さい。

 

 

★ED勃起障害治療薬の特徴
レビトラ