避妊のススメ

現在、日本で用いられている避妊法にはさまざまな種類があります。男性が主導で行える避妊法はもちろん、女性の意志で行える避妊法もあります。しかし、それぞれの年齢や生活環境、将来の出産予定、パートナーの協力度などによって、自分に適した避妊法があります自分の体やライフスタイルに合った避妊法を見つけることが大切だと思います。

IUS

黄体ホルモンを持続的に放出するプラスチック製の小さな器具を子宮内に入れて妊娠を防ぎます。一度の挿入で最長5年間、効果が高いです。これは女性主体が避妊できる方法です。生理の量が減り、生理痛も軽くなりますけど、挿入数月間生理以外の出血があり、時間とともに量が減ります。そして、挿入と除去は必ず医師で操作すべきです。

IUD

子宮内に銅イオンを放出するプラスチック製の小さな器具を入れ、妊娠を防ぎます。IUDは子宮の中に入れる小さな器具で、避妊効果を高めるために銅がついているものもある。一度の挿入で2~5年間、避妊ができます。これも女性主体で避妊できる避妊方法です。授乳中でも使用でき、生理の量が増えることがあります。または。挿入と除去は必ず医師で操作すべきです。

OC(低用量ピル)

卵胞ホルモンと黄体ホルモンが含まれた錠剤を飲んで排卵を抑制します。 正しく服用することで効果の高い避妊ができます。女性主体で避妊できます。そして、月経周期が規則的になり、生理の量が減り、生理痛が軽くなります。医師による処方が必要です。毎日服用する必要があります。薬を飲み忘れる場合は効果がありませんので。

コンドーム

男性の性器にかぶせるゴム製の袋で、精子の腟内への放出を防ぐ方法です。性感染症が予防でき、手軽に入手できます。装着ミス、ズレ、破損などによる失敗率も高いです。

リズム法

月経周期や基礎体温の変化から排卵日を予測し、その間の性交を避ける方法です。 女性が自分で行える自然のリズムを活用することができます。月経周期の記録や、毎朝体温を正しく測る必要があり、体調が悪いと基礎体温が変動し、排卵期が見つけにくくなる場合もります。

避妊手術

女性の場合は卵管、男性の場合は精管を糸で結ぶか切断して、卵子や精子の通路を遮断する方法です。避妊効果が高いですけと、産婦人科での手術が必要です。または、一度手術をすると特に女性の場合は妊娠することが困難になります。

いろいろの避妊方法があります。自分にあることを選びましょう。