避妊薬は信頼できる?|安全性高い避妊薬オススメ

避妊は女性たちに対して非常に重要な課題でしょう。もし安全性低い避妊薬を服用してしまうなら、将来の妊娠にも影響があるほど危険です。だから、女性たち安全避妊できるために、当サイトは安全性高い避妊薬をご紹介いたします。ぜひご参考になってください。

まずは、アイピル(アフターピル)についてご紹介いたします。

アイピル(アフターピル)とは、望まない妊娠を防ぐ為のみにご利用下さい。アイピルの常用はお止め下さい。レボノルゲストレルにアレルギー反応のある方は、服用をお止め下さい。既に妊娠されている方は絶対に服用しないで下さい。既に子宮内で受精卵が着床している方への効果はありません。またアイピルは、あくまで緊急の避妊薬です。中絶用のお薬ではありません。

アイピルの主要成分はレボノルゲストレルで、避妊には非常に効果があります。特に緊急避妊には特に効果があります。

飲み方の方は、アイピル(アフターピル)の使用方法は性行為後、72時間以内に1錠、水またはぬるま湯で服用してください。 24時間以内であれば、より避妊率が高くなります。

ただし、妊娠中の方はアイピルを使用出来ません。他の治療を受けている方は、掛かりつけの医師にご相談下さい。

次には、もう一つの有名避妊薬トリキュラーについてご紹介いたします。トリキュラーは、エチニルエストラジオールとレボノルゲストレルを主成分とした低用量避妊ピルです。

ごく自然な状態で抑制を行うため、ピルが苦手な方にはオススメしている商品です。卵胞ホルモン配合量は21日間で、配合量が茶6錠→白5錠→黄10錠と3段階で多くなります。

徐々にホルモン量を多くしている為、急激な副作用はありません。トリキュラーは、避妊だけでなく、生理不順、生理痛、生理前のイライラ等を改善してくれるお薬です。ピルに抵抗があった方は、是非お試し下さい。

トリキュラーの主要成分は、エチニルエストラジオール、レボノルゲストレルです。服用するときは、生理1日目から、トリキュラーを服用して下さい。毎日同じ時間帯に飲むと効果的です。

1シート21錠入っていますので、21日間飲み続けたら7日間はお休みしてください!

トリキュラーの副作用は、主に乳房の張り、嘔吐、胃痛、めまい等です。もし不正な出血があれば、ぜひお医者さんと相談してください。

★世界シェアNO1のED治療薬で持続効果は36時間
シアリス

★即効性が高く食事の影響を受け難いED治療薬
レビトラ